top of page
  • 執筆者の写真大輔 森

土台がしっかりしているからこそ将来大輪の花が咲く

更新日:2023年2月26日


いつもありがとうございます。塾長の森です。

今日のテーマは、「土台がしっかりしているからこそ将来大輪の花が咲く」です。


10歳以下、特に幼児時期は、しっかりとした土台を作るための時期です。

例えば、「計算」。幼児期に「先取する」ことばかり意識して、暗記に近いやり方で計算を学ばせてしまうと、「数量感覚」が身に付きにくくなります。


「数量感覚」とは、数の大小や桁の意味の理解、概算力(およそのこたえを出す)などを指しますが、

例えば、「数量感覚」があると、39+17をするのに、「39はあと1で40だから40と16にして56」のような計算の工夫を自ら思いつくことができます。逆に「数量感覚」がないと、「3-5=2」のようなことをしても不思議に思わない、というようなことがおきる場合があります。


そのため、幼児期は3+2=5!と覚えさせるのではなく、計算式に入るまえに、具体物や抽象物(タイルや〇のイラストなど)で数量感や合成・分解のイメージをじっくりと養うことが大切です。


幼児期は、焦らず、土台作りに丁寧に取り組み、将来大輪の花を咲かせていきましょう!!


ーーーーーーーー

森大塾「考える力を育てる塾」

 ・小学校受験:共愛学園小、フェリーチェ、GKA、群大附属小などの県内小学校やその他首都圏受験にも対応。

  ・中学受験:四ツ葉中、中央中等中、太田中などの公立中高一貫校、農二・共愛・樹徳中などの県内私立中。その

       他首都圏難関私立中にも対応。

  ・高校受験:県内外高校対応。首都圏難関私立高校受験にも対応します。





閲覧数:207回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page