top of page
  • 執筆者の写真大輔 森

国語と算数どっちが大事?

更新日:2023年2月26日



塾長の森です。


いや~2月はあっという間ですね。

高校受験もあとは後期試験を残すのみ。受験する生徒は後悔が残らないように、最後の1分1秒まで大切に使ってください。


さて、本日のテーマは、「国語と算数どっちが大事?」です。


塾生の受講している教科の割合をみても、どちらか1教科だけを受講してる生徒は、圧倒的に算数の方が多いです。

おそらく、「国語は、普段日本語で生活しているんだから、どうにかなるだろう。」という前提があるのだと思います。


私の答としては、「どちらも大事、両方バランスよくやること!」

答えになっていませんね。すみません。

絶対にどちらか選ばなければならないのであれば、国語ですかね。。。


そもそも、私は、「国語=論理的に読み取り、考え、表現をするスキルを身に付ける科目」という認識でおります。

そのため、これらの論理的思考スキルを身に付けることは、全ての教科学習における土台作りをすることになると考えています。


国語以外の教科でも、文章を読んだり書いたりする機会は多いと思います。やっぱり国語力が伸びないと他の教科も中々伸びません。算数や理科など理系科目でも同じです。英語だって結局日本語で学ぶことが多いのですから国語力が必要です。

試験において、昔よりもどの教科も文章量が多くなってきています。また、自分で文章を書いて説明をするパターンの解答方法も増えてきています。数学でも記述で答える問題が小・中学でも増えてきました。


以上のような理由から、私としては、まず国語(論理力)をしっかりと伸ばしていくことが大切かなと考えます。

また、算数が苦手という子は、その原因が国語力にある場合もありますので、是非国語の学習にも力を入れてい欲しいです。



ーーーーーーーー

森大塾「考える力を育てる塾」

 ・小学校受験:共愛学園小、フェリーチェ、GKA、群大附属小などの県内小学校やその他首都圏受験にも対応。

  ・中学受験:四ツ葉中、中央中等中、太田中などの公立中高一貫校、農二・共愛・樹徳中などの県内私立中。その

       他首都圏難関私立中にも対応。

  ・高校受験:県内外高校対応。首都圏難関私立高校受験にも対応します。










閲覧数:1,194回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page