top of page
  • 執筆者の写真大輔 森

【相談室】小学校受験の「記憶」問題





いつもありがとうございます。塾長の森です。

今日は、保護者の方からいただいた質問にお答えしようと思います。


今回のテーマは「記憶」の問題の教え方について


小学校受験のペーパーテストでは、

話を聞いて、その問題に答える「話の記憶」や絵を見て覚える「絵の記憶」の問題が出題されることが多いです。


ただ、この「記憶」の問題。苦手とする子が多いです。また、他の分野に比べると、教え方も難しい分野でもあります。


今日はその中でも「話の記憶」について。

ポイントは色々ありますが、まずやってほしいことは、「質問を先に教える」ことです。


通常の出題形式では、お話を聞いたあとに、その話に関する質問が出されます(お話に出てきた動物に〇をしてください等)。このパターンだと、漠然と話を聞いている子は、質問をされるころには、話の内容を忘れてしまっています。

そのため、こういった子の場合は、先に「質問」を教え、何に注意して聞けばよいのかを具体的に把握させるようにします。その上で話を聞けば、質問に答える確率がぐっと上がります。

これを繰り返すことで、だんだんと、話を記憶するポイントが分かってくると思います。


次の教え方は、「文章を短くする」

 さきほどお伝えした方法でできるようになれば良いのですが、話が長いと、そううまくいかないことも多いです。そんなときは、文章を短く切って、その範囲に関する質問をしてあげてください。そして、慣れてきたら、だんだんと文章を長くしていきましょう。


ここまでは、テクニック的な話でしたが、これからは、そもそもの「記憶力」をどう伸ばしていくのかという話です。


まず大切なのは、普段の生活からよく人の話を聞くこと。普段から集中して聞けなかったり、こちらが話している最中に話しかけてきたりする場合は要注意。まずは、普段の生活習慣から見直しましょう。

また、記憶をたどって本人に話をさせるのもよいでしょう。今日園であったことなどを聞いてあげると、記憶を引き出すトレーニングになると思います。


次に、「絵本の読み聞かせ」も記憶力を高める効果があると思います。話の記憶問題が得意な子は、聞いた話の内容を(小学校受験で出るのは、ストーリー性のあるもの)絵本の挿絵のようにイメージや映像で記憶することができています。こういった力は、普段から物語を聞いていたり、絵本の挿絵に触れているからこそ身につくものだと思います。

挿絵程度だと、すべのストーリーが描かれれているわけではないので、子供はその挿絵の前後のイメージを自ら補完することで、読み聞かせを楽しんでいるのだと思います。

このように、読み聞かせによって、自然と耳から入ったストーリーを映像化することが出来ている子は、受験の「話の記憶」問題にも強いです。



今回は、小学校受験で出題される「話の記憶」について、取り上げました。

小学校受験は、「合格」という目標があるので、テクニック的なことに走りがちなのですが、大切なことは子供の力を伸ばしてあげることです。

そういった視点を忘れずに、小学校受験対策に取り組んでいただきたいと思います。





ーーーーーーーー


森大塾「考える力を育てる塾」

・小学校受験:共愛学園小、フェリーチェ、GKA、群大附属小などの県内小学校やその他首都圏受験にも対応。


・中学受験:四ツ葉中、中央中等中、太田中などの公立中高一貫校、農二・共愛・樹徳中などの県内私立中。その他首都圏難関私立中にも対応。


・高校受験:県内外高校対応。首都圏難関私立高校受験にも対応します。






 















閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学校受験 プレ模試ご案内

いつもありがとうございます。塾長の森です。 新年長さんむけの小学校受験プレ模試のご案内です。 このタイミングで、まずは受験の基本的な流れを確認し、受験対策に活かしていただければと思います。 【対象】 新年長 【日程】(各回定員10名) 4月21日(日) □午前回  10:00-11:30    @伊勢崎校(満席になりました) □午後回 12:30-14:00    @伊勢崎校 【試験内容】 ペーパ

Comments


bottom of page