top of page
  • 執筆者の写真大輔 森

「季節」に触れよう!



いつもありがとうございます。塾長の森です。

それにしても、暑いですね!梅雨はどこへいったのでしょうか。。。


さて、日本の特徴である「四季」。最近は昔ながらの「四季」というものが失われつつあるような気がしますが、それでも、まだまだ「四季」は実感できると思います。


「四季」を実感することは、情操教育としても大切なことですし、そもそも我々の生活や文化を形作る大きな要素ですので、ご家庭の中でも積極的に「季節」を取り入れていいきましょう。


小学校受験でも「季節」の問題はよく出ますね。季節の問題、覚えさせることもしますが、やはり「体感」してほしいです。そうすることで子供の感情が豊かに育っていくと思いますし、そういう子に小学校側も入学してほしいと思っていると思います。


小学生であれば(幼児でもできれば)写真のように、実物を細かく観察するのもおすすめ。スケッチをしたり、特徴を文章で書くのも良いでしょう。観察力が養われますし、理科の学習にもつながります。






閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page